「ゾット帝国」を徹底解明

syamu game(裕P)さんが執筆した小説「ゾット帝国」を考察しています。

【ゾッ帝考察84】最終報告 第六章「地理と国家」

独自な作家とは、誰をも模倣しない者ではなく、誰も模倣できない者である。

―― フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン

 第六章「地理と国家」

 6.1 概要

以下の図はゾッ帝シリーズ世界の地理と国家の概要を示したものである。

f:id:tetteikaimei:20180816235113j:plain

本編中には都市や地形の位置関係や距離を明確に示す描写は無い。図中の距離は、馬や装甲車の移動能力から予想したものである。

6.2 アルガスタの地理と国家

f:id:tetteikaimei:20180817001110j:plain

※ 本編中には世界の全体像や、都市や地形の位置関係を明確に示す描写は無い。上記の図はひとつの解釈に過ぎない。

6.2.1 結界(The Barrier)

(地名としての)アルガスタへ魔族が侵入するのを防ぐ強力な結界。紀元前100年の魔王復活を契機に作られたと考えられる。その後、約100年間に渡り人々の生活を守ったが、紀元1年の紅月の日に結界が破られ魔族の侵入を許した。

結界はゾット帝国の国境に張られていると考えられる。

6.2.2 ゾット帝国(The Zot Empire, The Empire of Zot)

タイトルに登場するのみで、本編中では全く言及されていない国家。

アルガスタ王国を含む複数の領邦からなる連邦国家で、実質的にはアルガスタ王がゾット帝国皇帝を兼ねているものと考えられる。(歴史上の神聖ローマ帝国の政治体制に近い。)

6.2.2.1 アルガスタ王国(The kingdom of Algasta)

カイト編1章~2章中盤の舞台である。ゾット帝国を構成する領邦のなかで最も大きく、(地名としての)アルガスタ一帯を支配している。王政。首都は王都ガラン。国内にカイトたちが住んでいる街や禁断の森(ラウル古代遺跡)がある。

王都ガラン(Garan, Galan)

アルガスタ王国の首都。実質的にゾット帝国の首都でもある。

王族が居住する王城がある。

カイトたちが住んでいる街

王都ガランの付近にある街。カイト、ジン、ミサらが住んでいる。

帝国騎士団の馬小屋があり、カイトたちはそこから馬を盗んだ。

禁断の森(Forbidden forest)

アルガスタ王国内に存在する森林地帯。

古代においてはラウル帝国の中心部であったが、歴史的経緯から立ち入ることが禁忌とされた。

ラウル古代遺跡(Raul Ancient Ruins)

禁断の森の内部に存在する遺跡。もともとは古代ラウル帝国の建造物。地上に見えている遺跡はすべて内部でつながっている。

6.2.2.2 西アルガスタ地域(West Algasta)

ジン編1章~2章の舞台。この地域には、アルガスタ王国とは別のゾット帝国の領邦が存在すると考えられるが、その名称は不明である。本報告では、この領邦を仮に「西アルガスタ国」と呼称する。

西アルガスタ国の行政組織は非常に腐敗しており、ジョーという男に国が牛耳られているのは公然の事実である。

港町キリカ(Kirika, kirica)

西アルガスタ国に存在する都市。背の高いビルや高架橋など、近代的で美しい街並みが広がっている。鉄橋が存在することから、鉄道が敷設されていると考えられる。港では新鮮な魚介類が水揚げされる。景気が良く、遊ぶところも多いなど、裕福な街である。しかし、それゆえに富裕層しか住めない。リアンと麻里亜とジンは本編開始前に旅行で訪れたことがある。

ジョーの屋敷(Joe's residence)

港町キリカの丘の上に建っている大きな屋敷。所有者は西アルガスタの支配者ジョー。屋敷の正面には噴水があり、地下に監禁室がある。ジン編第1章5話にてジョーが爆破。

ズール砂漠(Zuru desert)

西アルガスタ国に存在する地名。ジョーが作らせた新型ミサイルのテスト発射場がある。

6.3 ユニフォンの地理と国家

f:id:tetteikaimei:20180817001127j:plain

※ 本編中には世界の全体像や、都市や地形の位置関係を明確に示す描写は無い。上記の図はひとつの解釈に過ぎない。

6.3.1 " 国 "(" KUNI ")

本編中では単に「国」と呼ばれている国家。カイト編2章中盤~5章、ジン編3章~5章の舞台。以下、本報告では " 国 " と呼称する。

複数の都市国家からなる緩やかな連合体と考えられる。各都市には「町長」と呼ばれる元首がいる。交戦状態にはなく平和だが、町をならず者がうろついたり、辻斬りが横行したりと治安は悪い。通貨の単位は「文」。

" 都 "(" MIYAKO ")

本編中では単に「都」と呼ばれている国家。以下、本報告では " 都 " と呼称する。

" 国 " の首都と考えられる。

(佐藤道場のある)町

" 国 "を構成する都市のひとつ。佐藤光秀、佐藤葛城、佐藤栞など、多くの主要キャラクターが住んでいる。

表向きは明るい町だが、裏では町一番の大金持ちである勘兵衛によって牛耳られており、町長でさえ勘兵衛には手が出せない。

佐藤道場、遊郭十六夜、(葛城の嫁の母がやっている)甘味処などの施設がある。

(佐藤道場のある町の)隣町

" 国 "を構成する都市のひとつ。カイト編4章1話で存在が示されている。

良い薬屋がある、という以外は不明である。

木下佑蔵の屋敷(Yuzo's residence)

木下信二が監禁された屋敷。所在地は " 国 " の国内と考えられる。

木下佑蔵はこの屋敷の地下で人造人間の研究や使用人の戦闘訓練を行っていた。ジン編5章7話以後からカイト編3章3話以前の間に爆破された。

6.3.2 異国(Foreign country)

カイト編2章3話では、カステラが異国のお土産として紹介される。よって、" 国 " 以外にもなんらかの国家が存在することが分かる。

ファンタジー世界の地図を描く

ファンタジー世界の地図を描く

18日ぶりの更新とかしちゃってさぁ、恥ずかしくないのかよ?(センセンシャル)

usidaさん、コラボジャパン所属のサムさん、コメントありがとナス!

記事中のファンタジーな地図は「Inkarnate」というWebサービスを利用して制作いたしました。本当にありがとうございました。