「ゾット帝国」を徹底解明

syamu game(裕P)さんが執筆した小説「ゾット帝国」を考察しています。

【ゾッ帝考察83】最終報告 第五章「歴史」

どこで何をしていようと、作家志望者にテレビはいらない。
―― スティーブン・キング

最終報告 第五章「歴史」

5.1 暦

ゾッ帝世界の暦について本編では特に説明されておらず、確かなことは「年」や「日」という概念が存在する、ということくらいである。本論では便宜的に、ゾッ帝世界の1日を地球における1日と同じ長さとし、暦法グレゴリオ暦に準ずることとする。また、カイト編2章及びジン編3章で記述されている「紅月の日」を紀元1年1月1日とする。なお、紀元1年の前年は紀元前1年である。

5.2 時代区分

本論では便宜的に、ゾッ帝世界の歴史は4つに区切る。まず、先史時代から呪師の支配とその崩壊までを「神話の時代」、次にラウル帝国の興隆と滅亡までを「古代」、その後の本編では触れられていない空白の時代を「中世」、紀元前100年~紀元前6年を「近代」、本編第一部が開始される紀元前5年以降を「現代」とする。

f:id:tetteikaimei:20180731012315j:plain

神話の時代(先史時代~紀元前3000年頃)

呪師の支配とその崩壊については前章にて解説したため省略する。この後、100年に1度の紅月発動のたびに魔族と人間の戦争が発生するようになる。この戦争を「百年戦争」と呼ぶ。
本論では、ギリシャ神話の伝承と成立年代を参考に、この時代の範囲を先史時代から紀元前3000年頃とした。

古代(紀元前3000年頃~紀元前1500年頃)

呪師支配の崩壊後、アルガスタ情勢は混沌としていたと考えられる。その混沌の中から一大勢力へと成長したのが「ラウル帝国」であった。ラウル帝国では、動物を素材に魔物を創りだし、それらをプログラムで制御して国防を担わせる等、高度な魔法技術を有していた。
しかし、隆盛を誇ったラウル帝国にも終わりの時がやってくる。ある時、ウィリアム王という者が元首の座についた。彼は闇に染まり(具体的には、紅月の日に魔王と化して呪師のようにアルガスタを支配することを試みた、と考えられる)、それを危惧した王妃アリーシャによって、「呪い」と引き換えに神の塔の頂上の祭壇に封印された。

「呪い(穢れ、怨念)」とは、魔力による災害のようなものであると考えられ、周辺の動物が魔物と化す、などの被害が発生したようである。これにより、当時ラウル帝国が存在した地域に立ち入ることは禁忌となり、時代を経て鬱蒼と茂った森に変貌した。後に、その森は「禁断の森」と呼ばれるようになった。

ウィリアム王が常日頃身に着けていたクリスタルの首飾りは、彼の死後、地下施設に安置された。この施設は、後に「ラウル古代遺跡」と呼ばれるようになる。遺跡の番人にはディーネとフィーネが任じられた。

本論では、古代ローマの興亡を参考に、この時代の範囲を紀元前3000年頃~紀元前1500年頃とした。

中世(紀元前1500年頃~紀元前101年)

この期間については本編中では全く言及されていない。いわば空白の時代である。

想像される出来事として、アルガスタ王国の成立がある。平均在位年数を20年とすると、紀元前380年前後にアルガスタ王国初代国王が即位したと考えられる。

近代(紀元前100年~紀元前6年)

紀元前100年に発生した紅月の稼働とそれに伴う百年戦争は、アルガスタ十四代国王が魔王と化したことで長期化したと考えられる。魔王はユニフォンへ侵入するためゲートを作ろうとしたが、年老いていたため一歩及ばなかった。

魔王を打倒するため、アルガスタ王国側では討伐隊が組織された。討伐隊は魔王を処刑する一歩手前まで行ったが、隊内に裏切り者(アリスのことだと考えられる)がいたために、魔王は死を逃れ、アルガスタの地下に封印されることとなった。

その後、魔王は僅かに残った力を駆使しユニフォンへと転生することで、地下深くの牢獄を脱した。転生後はニコルと名乗り、魔王としての力を取り戻そうとユニフォンで暗躍する。(注:魔王が転生したユニフォンはアルガスタより100年未来のユニフォンである。)

紀元前21年、ジン編第一部と第二部の主人公であるジンがアルガスタにて生まれる。

紀元前16年、カイト編第一部と第二部の主人公であるカイトがアルガスタにて生まれる。

そして、紀元前10年頃~紀元前5年頃の出来事だと思われるが、ラウル古代遺跡に探検隊が侵入し、遺跡を荒らすという事件があった。ディーネとフィーネはこの際に封印されたと考えられる。冒険家であったカイトの祖父は脅され、この探検隊の先導役を務めた。彼は遺跡の最深部に安置されていたウィリアム王のクリスタルの首飾りを発見し、探検隊の手に渡らぬよう、秘密裏に持ち帰った。

現代(紀元前5年~)

紀元前5年より、本編が開始される。本編のストーリーの流れについては後述する。

読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)

読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)

アンコールさん、前回の記事へのコメントありがとナス!

最近暑すぎてPCをつける気すら起こらなかったため、前回の投稿からかなり期間が空いてしまいました。オフゼロ記念日までに最終報告を完成させたかったのですが、この調子だと無理かもしれません......。まあ、ゆっくりやっていきたいと思います。