「ゾット帝国」を徹底解明

syamu game(裕P)さんが執筆した小説「ゾット帝国」を考察しています。

【ゾッ帝考察75】ジン編 5章 6話「新しい武器」

内容が薄すぎるので、雑談です。

私はSyamuさんのことを(大抵は)「さん」づけで呼んでいます。

「さん」づけで呼ぶということは「敬っている」ということになります。「どこに敬う要素があるんだ?」という方もいらっしゃることでしょう。それについては同感です。

私の場合、「ファンだから」敬っているのではなく、「年上だから」敬うことにしています。儒教的な考えですね。

まあ、人間、長く生きていれば多少なりとも学ぶことがありますからね。ほら、Syamuさんだって学んでたじゃないですか。ネカマの見分け方とか……。

本編リンク:https://ncode.syosetu.com/n7406co/25/

信二の格好

(狂う前の)父から贈られた装備一式を身に着けることで、カイト編3部で見た一条仁の格好になりましたね。いずれ信二が死んで生まれ変わって一条仁になるわけですが、装備一式は受け継ぐようです。

新キャラ?

咲ちゃん、という人物が出てきました。遊女のような巨乳の女性で、なぜか巨大なモニターに姿が映りました。今のところ意味不明です。残りが1話しかないので、多分謎のキャラで終わると思います。

ジョーと佑蔵の共通点

① 屋敷の地下に監禁室がある。

② 屋敷に主人公を監禁する。

③ 生体兵器(=人造人間)開発を行っている。

④ 自身も生体兵器(=人造人間)。

⑤ 屋敷を爆破する用意がある。

ジョーは佑蔵の焼き直し説……。

内容が薄い。アサヒのクリアラテくらい薄い。