「ゾット帝国」を徹底解明

syamu game(裕P)さんが執筆した小説「ゾット帝国」を考察しています。

【ゾッ帝考察71】ゾット帝国における家族関連描写まとめ

各話分析は終わっていませんが、ジン編も最後まで読みました。

本編での家族に関する描写

カイト編1部

特筆すべきものはありません。

カイト編2部

カイト編2章1話では以下のような記述があります。

おかげで毎月高い給金を貰い、オラの家庭はすっかり潤っている。
家では、オラが大将じゃ。まあ、オラの給金はがっぽり持っていかれるがの。

カイトは父と同じ職業(アルガスタ親衛隊)につき、高い給料をもらい、家族に承認されています。

しかし、次の2話でカイトは

オラにも、妹がいるけえ。オラの妹、シオンちゅうんじゃ。シオンは生意気での、オラとロクに口も聞かん仲じゃ。オラが近づけば、シオンはオラに暴力を振るうんじゃ、信じられんじゃろ? 

と発言しており、先ほどの「家では、オラが大将じゃ。」という記述と明らかに矛盾しています。

この後のシーンでカイト(光秀に憑依)は栞(光秀の妹)に家族として認められます。(詳しくはこちらの記事をご参照ください。)

シオンに関する記述は作者の現実認識を表したもの、その他の部分は理想を描いたものと考えるのが妥当でしょう。

カイト編3部

カイト編3章1話では

「なんじゃい。栞と父ちゃんは楽でええのう。なんで、オラはこげんなことせんとならんのじゃ」
 オラは、冷めた焼き芋を美味そうに口にほうばっている栞を不服そうに見た。

「なにしてんのよ! 栞ちゃんはいいの! これも、剣の修行のうちよ! ほら、さっさと動く!」
 栞の焼き芋を見て涎を垂らしていると、不意に茜ちゃんのゲンコツを食らった。

という記述があります。

この部分に限らず、栞は基本的に誰からも可愛がられています。また、本編を読む限り、父である葛城は温厚、母は光秀と栞にお菓子を出す人、程度に描かれています。

家族構成からしてかなり作者本人の現実認識が入っていると考えられます。

ジン編1部

ジンの父、リアンはいつも仕事で忙しく、家にいません。また、ジンは「何で? 父上は? どうして、父上は僕を助けに来ないんだ!?」といったセリフも吐いており、父子関係が良好であるとは言い難い雰囲気が示されています。

また、ジンの家の使用人、麻里亜は、病死したジンの母親代わりという設定で、最終的に自分の命を捨ててジンを助けます。麻里亜を理想的な母親像であると考えるのが自然ではありますが、理想的な女性像を描いた可能性もあるので、一概には言えません。

ジン編2部

特筆すべきものはありません。

ジン編3部

影の組織に妻を殺された木下佑蔵は気が狂い、息子である木下信二(主人公)を屋敷に軟禁。最終的に2人は死闘を繰り広げることになります。

興味深いことにジン編5章では、敵であるはずの裏政府や烏組との戦いよりも、父や銀二(父の用心棒)といった身内との戦いに重点が置かれています。また、父が狂った原因は影の組織にあり、最初から悪役として描写しているわけでもない、という点も興味深いですね。

姉妹の多用

ルビナとルエラ、ディーネとフィーネ、神と死神(勾玉)は、みな姉妹関係にあります。そして、ルビナとルエラはジンとカイトに好意を抱き、ディーネとフィーネはカイトに、神と死神は光秀と信二に(力を試されている段階ではあるが)使役されています。

姉妹である必要性があるならば不思議ではないのですが、兄弟だろうが他人だろうが、あまりストーリーに影響を及ぼすとは思えないんですよねぇ……。単純に考えれば、モデルにできる人間関係が少なかったので複数回使用した、ということなんでしょうけども、ジン、カイト、光秀、信二は全員主人公ですから、家族からの承認を得たいという潜在的な想いが表出したのかもしれません。

ゾッ帝には家庭が描かれていない?

どこかにSyamuさんの理想的な家庭像が描かれていないかと探したんですが、そもそも一家団欒っぽいシーンがほぼないんですよね。カイト編3章2話で、葛城、光秀、栞、茜、宗次郎が道場の縁側でガヤガヤするシーンは、ちょっとそれっぽいかなぁという気はしますけども、そのくらいなもんで。カイトや光秀は、設定から考えると、朝食なり、夕食なりで家族がそろうはずなんですけどねぇ。

それから、ゾッ帝の主人公はヒロインと付き合うところまでは行くんですけど、その後がないんですよね。よくラノベで結婚生活を妄想するシーンとかあるじゃないですか。最もそれに近いのはジン編4章3話の信二とお菊の食事シーンです。あとあったかなあ?

なんというか、新たな家庭を形成しようとする意志がみられないんですよね。カイト編2章のカイトは高い給金をもらっているのに実家に住んでいますし(普通、親衛隊の寮とかあると思うんですが)、父も親衛隊員なのに家の主みたいな気分になっています(同じ職場なら父の方が給料高いと思うんですが)。

家族はつらいよ2 [Blu-ray]

家族はつらいよ2 [Blu-ray]

 

最近、私は「無いものを探す」という手法が、ゾット帝国を考察する際にはかなり有用なのではないかと思っています。