「ゾット帝国」を徹底解明

syamu game(裕P)さんが執筆した小説「ゾット帝国」を考察しています。

【ゾッ帝考察70】ジン編 5章 2話「麻里亜の正体」

昨日の記事ですが、夜勤明けでちょっと頭が働いてなかったみたいで、どうやら編集途中のまま記事をアップしてしまったみたいです。

申し訳ございませんでした。

本編リンク:http://ncode.syosetu.com/n7406co/21/

敵について

4章~5章の敵は「裏政府」のようです。この「裏政府」は「烏組」という戦闘組織を発足させ、使役しているようですね。

烏組の隊長は「甘楽」という女性ですね。カイト編で名前だけ登場していました。

杉森勘兵衛

フルネームが出たのは初めてですね。勘兵衛は影の組織に攫われ、洗脳の実験台されたようです。洗脳後は「烏組副隊長」という役職にいるようですね。

影の組織は洗脳技術で村人を兵に仕立て上げようとしているようです。娘に呼びかけられただけで解けるような弱っちい洗脳でいいのかよ、とは思いますが…ま、多少はね?

お菊について

正式には杉森お菊ですね。どうやらこいつが4章~5章のヒロインのようです。

序盤では死ぬ寸前の状態だったはずなのに、中盤では一人で止血しに去っていくとか丈夫すぎでしょ。自動回復機能でもついてんのか?

4章と5章の時間の経過

お菊が「何年も会ってない父と再会したものですから」と発言しているので、勘兵衛が行方不明になってから、最低でも2年以上は経過していると考えられます。

麻里亜について

人造人間だそうです。こいついっつも秘密明かしてんな。

なんで佑蔵によって作られた麻里亜が烏組に協力しているのかは、今のところ謎です。

にっぽんのカラス

にっぽんのカラス

 

今日も眠いですが、日間アクセス数がだんだんと下がってきたので、今日中にちょっと重めの考察記事を投下しようと思っています。