「ゾット帝国」を徹底解明

syamu game(裕P)さんが執筆した小説「ゾット帝国」を考察しています。

【ゾッ帝考察69】ジン編 5章 1話「真夜中の爆発音」

このブログ、「ゾット帝国を徹底解明」っていう名前なんですけど、アクセス数を見ると、ゾッ帝考察以外の記事ばっかり読まれてるんですよ……。

誰がね゛え! 誰がどう考察シデモ゛オンナジヤ、オンナジヤ思っでえ! ウーハッフッハーン!! ッウーン! 平々凡々とした、社畜生活の中で、本当に、「誰が考察しても一緒や、誰が考察しても」。じゃあ俺がああ!! 立候補して!! このシャム学を! ウグッブーン!! ゴノ、ゴノシャムのブッヒィフエエエーーーーンン!! ヒィェーーッフウンン!! ウゥ……ウゥ……。ア゛ーーーーーア゛ッア゛ーー!!!! ゴノ! シャムの! 学ガッハッハアン!! ア゛ーーシャム学を! ゥ変エダイ! その一心でええ!! ィヒーフーッハゥ。一生懸命訴えて、俺オナ民に、縁もゆかりもない俺ッヘエオナ民の皆さまに、読まれて! やっと! ゾッ帝考察ブログに!! なったんですううー!!!

本編リンク:https://ncode.syosetu.com/n7406co/20/

5章の時間と概況

時間的には4章の後の話のようです。

信二は大学を卒業後、実の母を失い、お菊と共に佑蔵(信二の父)の屋敷へ転居しました。妻が流行病で死んだ後、佑蔵は人が変わったようになり、信二を屋敷に軟禁し、地下で戦闘員を養成するようになりました。

父に軟禁されている、という状況は、察するものがありますが……。

木下信二の立ち位置

今回の話のあとがきでSyamuさんは、

作者自身、敵を主人公にしてみたかったのと、悪になる前の人間的な信二のエピソードを書きたかったので、思い切って書いてみました!

さてさて、これからどうなるやら(汗)

 と書いています。

どうやら、あくまで主人公は光秀で、信二は敵設定のようです。

どうなることやら、って展開は作者にしか分からないと思うのですが……。

麻里亜の地位

麻里亜は、最初は家庭教師として、後には用心棒として採用されます。

まあ、既に私たちは麻里亜がアンドロイドだと分かっているので、驚きはあまりありませんね。

内容が薄くて書くことなかったんで、あからさまな文字数稼ぎをやってしまいました。