「ゾット帝国」を徹底解明

syamu game(裕P)さんが執筆した小説「ゾット帝国」を考察しています。

【ゾッ帝考察56】ジン編 2章 1話「港町キリカ」

「僕と君の夏休み ZOTTO ZERO」の作者、キサナさんからコメントいただきました!

このブログ読んで下さってたのか……たまげたなぁ。

ありがとうございますやでほんま。

本編リンク:https://ncode.syosetu.com/n7406co/12/

港町キリカについて

新地名ですね。本編では、魚介類が新鮮、景気が良い、遊ぶところもある等、裕福な街だが、それゆえお金持ちしか住めない、といった説明がされています。

また、以前、リアンと麻里亜とジンは旅行で訪れたことがある。それから丘の上にはジョーの屋敷がある。

これまでの考察が正しければ、港町キリカは以下の3つの条件に合致する領邦に存在する都市です。

① ゾット帝国を構成する

② 西アルガスタ地域にある

③ アルガスタ王国ではない

Syamuさんの実家は貝塚市港に近いので、その周辺がモデルとなった可能性もありますが、描写を鑑みると、大阪港や神戸港あたりのような気もします。

日本の港 艦艇ウォッチングガイド  最新版 (イカロス・ムック)

日本の港 艦艇ウォッチングガイド 最新版 (イカロス・ムック)

 

今回、おまけコーナーが作者とキャラの掛け合いではなく、短編仕立てになったことで「痛さ」は減少しましたね。この点はSyamuさんを褒めなければなりませんが……そもそも、おまけコーナーに力をいれるくらいなら本編の内容を詰めてほしい(切実)

あと、ジョーの屋敷が爆発しているのに、何事もなかったかのように日常生活を送るキリカの市民に草はえた。日本の暗喩かぁ?