「ゾット帝国」を徹底解明

syamu game(裕P)さんが執筆した小説「ゾット帝国」を考察しています。

【Syamu復活方法論】Syamuさんを復活させるには(格安編)

この前書いた記事「Syamuさん復活にかかる費用を試算してみる」にコメントを頂きました!ありがとうございます!

コメントを読んでいて気づいたのですが、前回の試算は安全牌を切り過ぎ(確実性を求め過ぎ)でしたね……。「6000万!?うせやろ!?あーつっかえ」と思われた方も多いと思います。反省しております。(前回の記事はタイトルを変えておきます。)

今回は確実性を高めつつも、なるべく費用がかからない方法でSyamuさんを復活させるには?ということについて考えてみました。

はじめに

そもそも、家族が許可を出しさえすれば、彼は今すぐにでも復活できます。逆に、家族が許可を出さなければ、いくら金を積んだところで、(物質的にも精神的にも家族に依存している)Syamuさんは復活できないでしょう。

重要なのは、Syamuさんの家族は何を求めているか、です。しかし、残念ながら私たちは彼らのことをよく知りませんし、詮索するのもよくないですよね。とりあえず、今回は「Syamuさんの家族はSyamuさんの労働と既にネット上に広まった自分たちの情報の削除」を欲している、と仮定します。※ 実際のところは分かりません。

具体的な流れ

収益源をつくる

まず、復活支援者がニコニコ動画を運営するドワンゴにお願いして、Syamuさん復活後に会費の引き落としが開始される(復活しなければ会費0円)という特殊な有料チャンネルを作ってもらいます。そして「Syamuさん復活を支援したい人は登録してくれ~!」と宣伝して登録者を募ります。会費が月540円だとすると、そのうちチャンネル開設者に入るのは約357円です。500人の登録者がいれば、月収は約17.8万円。個人事業主なので、そこから所得税、住民税、国民年金保険料、国民健康保険料を差し引くと、月の手取りは約11.6万円になります。クラウドファンディングみたいな感じですね。500人くらいならすぐ集まりそう。

Syamuさんのご家族と交渉する

次に、Syamuさんの家族に接触します。そして、ネット上で広まった個人情報や、ご家族の動画や音声、それを使ったMADなどの削除申請を無料で代わりにやりますよ、と提案します。じゃあお願いします、となったら、代わりと言ってはなんですが、週1回程度、家族が内容を確認した上で動画をチャンネルに投稿するのはどうですか、月11.6万円の収入になりますよ、と提案します。(あくまで交渉の対象は家族で、権限のないSyamuさん本人ではありません。)あとは熱意でご家族にSyamuさんの復活を納得してもらいます。

契約と実行

その後、PCや機材をプレゼントし、撮影場所を探してあげます(自宅内を映されるのはご家族が嫌がると仮定)。そして、実際にSyamuさんが復活し、動画をチャンネルに投稿しはじめ、会費の引き落としが始まります。復活支援者は、著作権管理の代行契約を結び、定期的にネットを巡回し、家族関係のデータに対して片っ端から削除申請を出し、ご家族に成果を報告することで安心させます。

ドワンゴを巻き込む方法

ドワンゴを巻き込むのが難しそうですか? では一歩踏み込んで、Syamuさんの動画はニコニコ動画にしか上げない(他の動画サイトは転載もMADもを全部削除申請を出す)、コンテンツツリー登録をするならSyamu_MADでクリエイター推奨ポイントを得てもいい、という契約を提示するのはどうでしょうか。ニコニコ復興の救世主になりますねぇ! ニコニコはこのままだと衰退するだけだし、乗ってくるんじゃないですかね(適当)

結局のところ

どうでしょう? 不確実な仮定に基づいているとはいえ、前回の記事よりも現実味は増したんじゃないでしょうか。

とはいえ、結局Syamuさん本人ではなく家族が納得するかどうかなんですよね。前回の記事で書いたみたいに、超金持ちが「Syamuさん一生雇うよ」って言っても、何らかの理由で拒否されれば打つ手なしです。

てか、Syamuさんが働けばいいだけの話なんですけど、彼はいったい何をしてるんでしょうかねぇ……。パワーストーン握って「なんとかしやがれ!」って念じてんのかな……。

クラウドファンディングで夢をかなえる本

クラウドファンディングで夢をかなえる本

 

読み返したら、Syamuさんが普通に個人事業主をやる流れになってましたが、Syamuさんって確定申告できるんですかね?