「ゾット帝国」を徹底解明

syamu game(裕P)さんが執筆した小説「ゾット帝国」を考察しています。

【ゾッ帝考察28】カイト編 5章 1話「戦いの始まり」

 Tik Tok のCMを滅ぼすために悪魔に魂を売りました。

本編リンク:ゾット帝国騎士団カイトがゆく!~人を守る剣の受け継がれる思い~ - 戦いの始まり

千春が使える魔法について

千春に操られている人の心の声が聞こえたものらしいです。千春は人を操る魔法も使え、町のほとんどの人を操っているようです。

また、法術で治療もできるため、価値は下がりますが生贄が少々傷ついてもどうにかなるようです。

さらに、前回登場した「呪い」についてですが、生贄を回避しても、早期に解呪しなければ「呪い」自体の効果で死んでしまうようです。なお、式が複雑なため解呪は難しい模様。

千春すごいっすね。

勾玉と神について

3章では勾玉に封じられていた神は半透明の少女だったのに、今回の話では九尾の白狐になっていますね。また矛盾か~

あ ほ く さ

こんなんじゃ小説になんないんだよ(棒)

表記ミス(?)

本文に「二コルが儀式の間に入ったら終わりだ。勘助の屋敷は、千春が強力な結界を張ってるからね。ワタシたちが結界に入ろうとすれば、弾き飛ばされる。その前に、方を付けるよ」とありますが、おそらく「ニコルが勘助の屋敷に入ったら終わりだ。」の間違いではないでしょうか。

ユニフォンの世界観についての細々とした内容

今回の話では、藁屋根や瓦屋根という言葉が出てきていますね。断定はできませんが、ユニフォンの建築技術はあまり高いものではないようです。

光秀は馬に乗ったことはない、と言っていますので、ユニフォンに馬は存在するようです。あと、地の文で猫やキツネにも言及しているので、それらもいる可能性がありますね。

SPIRAL[インスパイラルS] 6個入り

SPIRAL[インスパイラルS] 6個入り

 

 千春がいないと儀式ができないって前回書いてたので、気絶した千春を人質に取って、茜と交換した後に憲兵団や葛城に応援を頼んで、勘助の屋敷に乗りこんで千春を捕らえ、解呪させる方が良いんじゃないですかねぇ……。