「ゾット帝国」を徹底解明

syamu game(裕P)さんが執筆した小説「ゾット帝国」を考察しています。

【ゾッ帝考察25】カイト編 3章 3話「乙女の悩み?」

「大人の男は、女を抱くことしか考えておらんのか。」

↑ お前じゃい!

本編リンク:ゾット帝国騎士団カイトがゆく!~人を守る剣の受け継がれる思い~ - 乙女の悩み?

新たな地名

地名と言うほどでもないんですけれども、都の遊郭、という場所が台詞内にあります。おそらく、そこがこの国の首都と思われます。逆に言えば、佐藤道場があるのは都ではない、ということが分かりますね。

お菊について

お菊は一条仁に仕え、かつ恋愛感情を持っているようです。辻斬りの後始末のため、謝罪や賠償に奔走していることから、一条の秘書的な立ち位置と考えられます。

仕事が嫌になりサボって昼間から酒を飲んでうたた寝したところを栞(10歳)に水をぶっかけられ、連れの行為を土下座で謝罪、さらに光秀(15歳)に飯の代金&栞のプレゼント代を払わせられる、という何から何まで損な役回り。……聖人かな?

麻里亜について

木下佑蔵(博士。息子は木下信二)が作った女性型の人造人間。お菊の伴をしているようでうす。人間を越えた怪力。光秀が「この国に、人造人間の噂は、あるといえばある」と言っていることから、人造人間は都市伝説的な存在のようです。

一条仁の正体

木下信二は(公式的には)憲兵団の護衛任務中に命を落とし、死後の世界で死神と契約を交わし、一条仁に生まれ変わった、そうです。死神って、勾玉(妹)のやつでしょうかねぇ……。

コールマン  サングラス メガネの上から偏光サングラス オーバーグラス CO3012-1

コールマン サングラス メガネの上から偏光サングラス オーバーグラス CO3012-1

 

↑ オフ会ゼロ人の時にsyamuさんがかけていたオーバーグラスだそうです。

 いやしかし、光秀がクズ過ぎますね。やっぱりカイトの子孫なんだなぁ……。