「ゾット帝国」を徹底解明

syamu game(裕P)さんが執筆した小説「ゾット帝国」を考察しています。

【ゾッ帝考察8】カイト編 1章 7話「白色のドラゴン」

僕は小学校の頃、(当時流行ってた)タイムカプセルを埋めさせられた記憶があるんです。まあ、Syamuさんと結構歳も違うんで、Syamuさんがタイムカプセル経験があるかは分からないんですが、もし、そういうことをやってたとしたら、彼が何を埋めたのか、気になりますね~。

本編リンク:ゾット帝国騎士団カイトがゆく!~人を守る剣の受け継がれる思い~ - 白色のドラゴン

フックショットの元ネタ

ニコニコ大百科「フックショット」の項によると、「ゼルダの伝説」か「バイオハザード」が元ネタのようですね。カイトはフックショットを全く使いこなせてませんでしたけどね。

クリスタルとオーヴの力について

首飾りのクリスタルは「オーヴの力」を発動させる道具らしいですね。一応、オーブの力を使うと、使用者は疲労するようです。連続使用は3回が限界のようですね。

これまでオーヴの力を使った3回をまとめます。1回目は川に落ちそうになった時、カイト、ミサ、ホバーボードを暫し空中に浮かせた(6話)。2回目はホバーボードが動いて気絶したミサの下に滑り込む(7話)。3回目は白いドラゴンを呼ぶ(7話)。

オーヴの力ってなんなんだー?(I'm lovin' it)

黒装束の人々について

元ネタはISILですかね……。そもそも3人が禁断の森に来たのはカイトの突発的な提案によるものなので、黒装束がミサを攫ったのも計画的な犯行ではないようです。

彼らはマシンガンで武装しているそうです。魔物が闊歩する禁断の森で野営をしているわけですし、相応の軍事力を保有しているようですね。

「白色のドラゴンの視線の先に野営地があり、テントが幾つか張ってあった。」とあるので、テントの数は最低でも2つ以上、最大でも9個ということになります。テント1つに何人寝ているかは、完全に想像になりますが、「自衛隊隊内生活体験Q&A」で6人用のテントが紹介されていたので、最大6人とすると、黒装束グループの構成員は2名以上、54名以下と予想されます。

 白色ドラゴンに関しては、まだ情報が少ないので、次回以降にします。