「ゾット帝国」を徹底解明

syamu game(裕P)さんが執筆した小説「ゾット帝国」を考察しています。

ゾット帝国考察(最終報告)

【ゾッ帝考察85】最終報告 第七章「勢力と組織」

小説家、詩人、歌人、俳人。いずれ功名心の強い業突張りである。人間の屑のようなやからである。 ―― 車谷長吉 第七章「勢力と組織」 7.1 アルガスタの公的な組織 アルガスタ(世界)における最大勢力はゾット帝国であろう。この国は(地名としての)アルガス…

【ゾッ帝考察84】最終報告 第六章「地理と国家」

独自な作家とは、誰をも模倣しない者ではなく、誰も模倣できない者である。 ―― フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン 第六章「地理と国家」 6.1 概要 以下の図はゾッ帝シリーズ世界の地理と国家の概要を示したものである。 本編中には都市や地形の位置関…

【ゾッ帝考察83】最終報告 第五章「歴史」

どこで何をしていようと、作家志望者にテレビはいらない。―― スティーブン・キング 最終報告 第五章「歴史」 5.1 暦 ゾッ帝世界の暦について本編では特に説明されておらず、確かなことは「年」や「日」という概念が存在する、ということくらいである。本論で…

【ゾッ帝考察82】最終報告 第四章「宇宙の成り立ち」

『月が輝いている』、なんて言わないで欲しい。ガラスの破片にきらめく光を見せて欲しいのだ ―― アントン・チェーホフ 第四章「宇宙の成り立ち」 4.1 2つの宇宙と原始状態 ゾッ帝世界には2つの宇宙が存在する。『アルガスタ』と『ユニフォン』である。 本編…

【ゾッ帝考察81】最終報告 第三章「特徴的な概念」

読む価値のあるものを書くか、書く価値のあることをしなさい ―― ベンジャミン・フランクリン 第三章 特徴的な概念 3.1 魔力と魔法 ゾッ帝の世界には、現実世界と同様の物理法則と共に、超自然的エネルギーである『魔力』が存在する。魔力の扱い方を体系的に…

【ゾッ帝考察80】最終報告 第二章「執筆過程と物語の構造」

文を作るのに欠くべからざるものは、何よりも創作的情熱である。 ―― 芥川龍之介 第二章 執筆過程と物語の構造 2.1 執筆順とストーリーの時系列の相違 執筆はストーリーの時系列に沿って行われるのが一般的であるが、ゾッ帝においてはこの2つが食い違っている…

【ゾッ帝考察79】最終報告 第一章「はじめに」

悪しき作家とは、読者に理解できない自己の内部での文脈を考慮に入れながら書く連中である。 ―― アルベール・カミュ はじめに 1.1 背景 広島県出身のクリエイター、syamu_game(1984~)は 2000年代末から様々な分野で活動し、多大なる影響を残した。彼の活…